メタルフリー治療

歯医者で金属を使った詰め物をいれた経験のある方は多いのではないでしょうか?

日本の保険治療で使用する金属には、パラジウム、ニッケル、銀合金、水銀などの重金属が使われています。

お口の中にこれらの金属が入っていると、以下のようなリスクがあるといわれています。

そのため、ドイツやスウェーデンなど諸外国では使用が禁止されていますが、日本ではまだ依然として保険治療で使用されています。

口の中に金属が入っている場合のリスク

  • ■金属が溶け出し、2次虫歯になりやすくなる
  • 金属アレルギーのリスクが高まる
  • ■歯ぐきや口の粘膜に金属が沈着する(メタルタトゥー
  • ■肝臓・腎臓等、内臓に有害な重金属が蓄積する
  • ■原因不明の疲れ、イライラ、肩こり、不眠、電磁場過敏症になりやすくなる
歯科金属は危険 口の金属

アマルガムの詰め物に注意!

アマルガムとは、銀・スズ・銅などの金属を水銀に加えて作られるものです。全体の約40~50%の水銀を含有しています。

安価で比較的扱いやすいことから、長年歯科で使われてきました。日本では、戦後の厳しい経済情勢下の歯科界において、やむをえず保険の金属として採用されてきましたが、いまなお厚生労働省により使用が認められています。

アマルガムは、特殊な混和器で混ぜた後、接着性セメントを使わずにそのまま歯の窩洞(穴)に詰められます。

詰めた直後は均一ですが、唾液に触れ年数が経つと腐食化し、劣化していきます。

そして、歯質との隙間ができ、虫歯原因菌が入って2次カリエスを引き起こしたり、溶けた水銀が歯肉に入り込んで「メタルタトゥー」とよばれる入れ墨ができてしまうことがあります。

アマルガム アマルガムタトゥー

アマルガムの体内への影響

研究では、歯に詰めたアマルガムは口腔内でイオン化し、3年以内に劣化の兆候を示し、10年後には、60〜84%が減少すると報告されています。

その間、水銀の粒子が自覚のないままに吸収され、脳、肝臓、腎臓などに蓄積されていきます。

イオン化した水銀が体内に入り、タンパク質と結合すると、水泡状の湿疹のような金属アレルギーを起こすことがあります。

また、水銀は神経毒性の強い金属なので、全身にあらわれると頭痛、肩こり、原因不明の痛み、不眠、イライラ、めまいといった不定愁訴を引き起こすケースがあります。

妊産婦の場合、水銀が胎児や母乳にまで届いてしまう怖れがあるので注意が必要です。

諸外国のアマルガムへの対応

・イギリスでは、1998年4月、厚生省が妊婦にアマルガムの詰め物をしないように警告を発しました。

・医療先進国のスウェーデンでも、政府健康福祉局は、アマルガムの毒性が強く、妊婦は胎児の安全のために妊娠期間中にアマルガムの治療を受けてはいけないと発表しました。

・アメリカでは、アマルガムを撤廃する方向に進んでいます。

・ドイツでは、保健省が歯科業界に対して、「幼児及び妊婦に、銅を含有するパラジウム合金と、水銀・銀アマルガム合金を使用しない」という勧告を行ないました。

保険のパラジウム合金も危険

歯医者で詰めた銀歯がとれた経験はありませんか?

実は、みなさんが「銀歯」といわれている詰め物(インレー)やかぶせの歯(クラウン)は、銀ではありません。

そのほとんどが金銀パラジウム合金です。

保険で「型をとって詰め物をつくって入れる」治療の大多数が、このパラジウム合金で作られており、金12%,銀48%、パラジウム20%、銅17%、亜鉛・イソジウム・錫3%etcでできています。

パラジウム1 パラジウム2

パラジウム合金の歯への影響

金銀パラジウム合金は現在でも日本の歯科保険治療で最もよく使われている金属です。

戦後の物がない時代に(体に良くないことは当時の研究でも分かっていながら)経済状況でやむを得ず保険適応になりました。

重金属が含まれているので年月を経て口の中で腐食し、アマルガムと同様隙間ができやすくなる他、「歯よりも硬すぎる」という特徴をもつので段差ができ、2次カリエス(虫歯)になりやすくなります。

パラジウム合金の体内への影響

金銀パラジウム合金で使われている「パラジウム」は、リンパ球幼若化テストという金属アレルギー検査で、約半数の人に陽性反応が出る、金属アレルギーになりやすい物質です。

アマルガムと同様、体内に蓄積され全身にあらわれると頭痛、肩こり、原因不明の痛み、不眠、イライラ、めまいといった不定愁訴を引き起こすケースがあります。

また、昨今 携帯電話や家電製品など電波がありとあらゆる所でいきかっていますが、電気なしに暮らす事はまずありえません。

金属の詰め物が「電磁波のアンテナ」となり、より電磁波の影響を強く受けてしまい電磁波過敏症を引き起こすことがあります。

諸外国のパラジウム合金への対応

・医療先進国スウェーデンでは、パラジウムは安全性に疑問がもたれており、現在ではほとんど使用されていません

・ドイツでは、保健省が歯科業界に対して、「幼児及び妊婦に、銅を含有するパラジウム合金と、水銀・銀アマルガム合金を使用しない」という勧告を行ないました。

ドイツなどの医療先進国では、パラジウムフリー(パラジウムを含まない)を強く推奨しており、パラジウムは身体に良くないと広く認識されています。

身体に優しいメタルフリー治療

河野歯科医院では、みなさまに身体に優しい治療を受けて欲しいとの思いから、全国でもリーズナブルな価格でセラミック治療を行っております。

特に、金属アレルギーなど敏感な方には、装着時に使うセメント類などに対しても、筋反射テストにより身体に合うかチェックしてから治療を行っています。

既に保険の金属が入っている方で、白い歯にやりかえたい方や、アマルガム除去のご要望にもお応えしております。

セラミック治療に興味のある方はお気軽にお問い合わせ下さいませ。

セラミック治療 価格(税抜)
ジルコニア
セラミッククラウン
110,000円
2本以上で1本110,000円→100,000円に割引
4本以上で+デンタルスパ・クリーニング
(10,000円相当)が1回無料
オールセラミック
クラウン
110,000円→80,000円に値下げ
ジルコニア
セラミックインレー
55,000円
*2本以上で1本55,000円→1本50,000円に割引
オールセラミック
インレー
50,000円
*2本以上で1本50,000円→1本45,000円に割引
ラミネートベニア 70,000円
ファイバーコア 10,000円
Copyright(c) 2005 大阪淀屋橋の河野歯科医院. All Rights Reserved.