一般歯科(虫歯・歯周病治療)

歯周病とは、「歯槽膿漏」ともいい、歯茎に歯周病菌が感染することで起こる感染症です。

大人の約8割がすでに歯周病菌を持ってり、大多数の方で気づかないうちに歯周病が進行しています。

治療法は虫歯とは違い「削って詰め物をする」というような治療ではなく、毎日のブラッシングや歯科医院での徹底的なクリーニングが必要になってきます。

そのためには、的確な説明とクリーニングができる、信頼のできる歯科衛生士を持つことが大切です。

一般歯科

歯周病の進行

歯科衛生士

歯周病は口の中にいる歯周病菌が歯茎の中で増えて起こる病気です。

磨き残しからできるプラーク(歯垢)の中で歯周病菌が大量に増殖し、白血球などの免疫細胞と戦って炎症反応を起こす結果、歯茎の組織が破壊され、歯を支えている骨が溶けていきます。

虫歯とは違い、ゆっくりと進行し症状がでにくいため、気づいたときにはかなり進行している方が多いのが特徴です。

喫煙やストレス、不規則な生活などの悪い生活習慣が続くと免疫力が落ちるため、歯周病が進行しやすくなります。

歯周病チェック

この中で一つでも気になる項目があれば、歯周病の疑いがありますので、歯周病の検査をおすすめいたします。

  • □ 朝起きると口の中がネバネバする
  • □ 口臭がする
  • □ 歯みがきをすると出血する
  • □ 歯が少しグラグラする
  • □ 歯ぐきがむずがゆい、痛い
  • □ 歯と歯の間に物がはさまる
  • □ 歯ぐきが赤く腫れている(薄いピンク色ではない)
  • □ 歯が長くなったような気がする
  • □ 前歯が出っ歯になったり、歯と歯の間に隙間がでてきた
  • □ 物がかみにくい
  • □ 冷たいものでしみる
  • □ 歯ぐきから膿がでる

かかりつけの歯科衛生士を持ちましょう

歯科衛生士

歯周病の治療は、毎日の適切なブラッシングと、歯科医院でのクリーニングの両方が必要です。

生涯にわたり自分の歯を守るため、かかりつけの歯科医師の他、かかりつけ歯科衛生士を持つことをおすすめします。

歯科衛生士は、国家資格で定められた、お口のクリーニングやブラッシング指導のプロフェッショナルです。

当院では、スタッフ全員が熟練した歯科衛生士であり、担当制で念入りにクリーニングを行っております。

どうぞ安心してかかりつけの歯科衛生士にご相談ください。

Copyright(c) 2005 大阪淀屋橋の河野歯科医院. All Rights Reserved.